塩(塩分)のお話

塩(塩分)のお話

塩分の摂りすぎは
体にいい?



今現在
スーパーなどで一般に売っている塩は
実は本来の塩ではないものが殆どです。

塩化ナトリウム(Nacl)と
言う成分が大半入っています。
本来の塩は
塩化ナトリウムも入っていますが
他の成分(ミネラル)も豊富に入っています。

ご存知の方も多いかと思いますが
血圧はナトリウムとカリウムの
バランスに影響されます。

ナトリウムは血圧を上げる働きがあります。
ナトリウムが過多になると
血圧は上がります。

本当の塩とは
同時に血圧を下げる成分→カリウム
も入っています。

カリウムには
余分な水分やナトリウムの排泄を促進し
細胞内外のミネラルバランスを
維持する働きがあります。
つまり本来ならば
塩分の取りすぎで血圧が上がる事はありません!


塩は、海水から出来ます。
だから塩の成分は
海水の成分に非常に似ています。
もし
塩分の摂り過ぎで高血圧になるならば
サーファーや漁師は皆さん高血圧です。

皮フから塩分を吸収するからです。

海で1日泳いだだけでも
その日は血圧が高くなるでしょう。

海水の成分は
血液の成分にも非常に似ていると言われます。
血液の成分と同じもの(つまり塩分)を
口や皮ふから吸収して、高血圧になるでしょうか?



戦国時代の話です。

当時
戦の勝敗を分けるのに
塩は非常に重要な役割を果たしていました。

塩→戦力でした。

「敵に塩を送る。」と言う諺は
ここから来ています。

それだけ塩は
勝敗や生死に関わるほど
重要な存在でした。

食べ物がない時は
塩で空腹をごまかしたそうです。

その様に
塩を大切にする武士達が
高血圧になった・・・。
と言う話は、私が知る限り聞いた事がありません。


さらにもう1つ!

ハミガキ粉のない時代は
ハミガキは塩で行われていました。
にもかかわらず
やはり高血圧が話題にはならなかったようです。



生物は、海から進化しています。


海水から作った塩は
命の源と言っても過言ではありません。
何でも摂りすぎは良くないですが
塩分の摂り過ぎで血圧は上がりません。


現代人は、むしろ塩分不足 
本当の塩分不足=ミネラル不足 です。

いろいろとお話をしてきましたが
塩の大切さがご理解頂けたでしょうか?

健康維持にはもちろんのこと
塩は本物を使うべきです。

生命活動の原点だからです。
選ぶのに迷ったり分からない時は
成分を調べてみて下さい。

いい塩は、ミネラルの種類が豊富です。


日用品にも気をつけて下さい。
シャンプーやリンスなどにも
ナトリウム系のものが入っている場合があります。


高血圧の方は
これらを使っていたら治りません。
口から入るものだけでなく
皮ふから入るものでも吸収していまいます。

本来の塩が塩でなくなってしまったのは
歴史的な背景がありますが、ここでは省きます。

大切なのは、自分で情報を収集し
それらを活用することです。




当管理人
オススメの塩はこれだ!













お塩売れ筋
ランキング









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
2222222222222222222222
カテゴリ